「3つの能力を特化させる」理想の成長を目指す挑戦!

惣川 裕太 Yuta Sougawa
Web企画 マネージャー 2015年入社
2015年4月新卒入社。早稲田大学 文学部 卒業。入社から5年目までにグループ内で5部門の事業を経験。多くの事業を知る経験を活かし、事業の成長、メンバー育成にマネージャーとして携わる。

どのように就職先を探されていましたか?オークファンとの出会いを教えてください。

 会社自体が成長している環境であれば、自分も成長ができると考えていたので、「成長している業界」で「成長している企業」に入社する!と決めていました。
 その際『東証マザーズに上場している会社は、市場から「成長を期待されている」会社』とある就活セミナーで聞き、そこからは、東証マザーズに上場している会社(=成長している会社)という軸で絞り、様々な企業を見ていました。

 その中で「他にないデータを持っている」というユニークな会社を見つけました。それがオークファンとの出会いです。そのユニークさに惹かれ、興味のままに、選考へ進みました。
 オークファンの選考の1つとして参加した、1週間ほどのインターンで、人や文化の雰囲気に"なじめそう"と思ったことが決め手となり、入社を決めました。

実際に入社してみて、どのような会社でしたか?

 「どうあるべきかを考えて動く会社」ですね。形容詞をつけるとしたら「ユニーク」
 事業もユニーク。全く同じ事業をしている競合はほとんどなく、こんなに多くの商取引のデータを持っているところもない。
 だからこそ、何かをまねして動くというよりも「どう動くべきか」で会社としての方向性を決める、業界を引っ張っていける会社だと思いました。

 その考え方は個人にも浸透していて、個人単位でも"あるべき論"で動いていると思います。だから、きちんと議論できるだけの意思や根拠をもって、かつ人の意見も盛り込む柔軟ささえあれば、自分の主張をして「やっていいですよね!やります!」と、やりたいことができる会社だと思います。
 「だれ」が言っているかではなく「何を」言っているかが重視される、いい文化だな、と思っています。

入社してから、どんな経験をしてきましたか?

 入ってすぐは、aucfan.comの広告営業で、バナーやメールマガジンを使った集客を法人のお客様に提案していました。その後は、その広告営業に加えてアフィリエイト等をはじめとした、ネット広告全般の運用をしていました。その後新しいサイトを作ったり、ローンチ後のサイトをサポートしたりと、とにかくWebに関するさまざまなことをやってきました…気が付けば5部門を渡り歩いていたほどです。僕ほどオークファングループ内の事業を見ている人はいないのではないかと自負しています。
 挑戦した事業は、すべてグループ内での異動になりますが、それぞれ異なる事業をしているので、転職と近いような経験をさせていただけ、本当にさまざま仕事へ挑戦することができ"Web"という分野に自信を持つことができました。

 現在は、マネージャーとして、企画・マーケティング・CSの観点から、NETSEAというBtoBサービスを成長させることがミッションです。
 NETSEAの成長は、NETSEAに出品してくださっているお客様の成長に支えられています。サービスとして、出品してくださっているお客様が成長する(=流通を上げる)ために、サイト内の新しい機能を作ったり、改善したり、販売の企画を提案したりして、永続的にお客様もNETSEAも成長できる仕組みづくりをしています。

いままででいちばん印象に残っている仕事について教えてください。

 多くの仕事が浮かんできますが、いちばんは…当時、担当していた事業で、チーム内で「どうしても目標までまだ数字が足りない!」と、行きづまった時にした仕事ですね。
 「どうしよう、どんなやり方があるだろう」と必死に考えに考えて、なんとか目標を達成できるように企画を設計しました。だけれど、その企画は、当時のチームメンバーの力では実現不可能な内容だったんです。
  
 ただ、その企画を提案した際に、会社としてきちんと5人の先輩方をアサインしてくれて、当時、新卒2年目の僕からすればドリームチーム(!?)のようなチームを作っていただけ、企画を実現することができ、最終的に目標も達成できました!僕のような若手の企画に対して、5人もアサインしてくれて、すごい!と感動しましたし、自分が企画したことを実現させ、目標も達成することもできて、とても嬉しく、3年経った今でも、とても印象に残っている経験です。


新卒で入ってから5年経ちますが、5年の中で変わったこと、変わらなかったことを教えてください。

 インターンでオークファンに来たときに感じた「みんな、好き勝手楽しそうに働いているな、僕みたいな人がいるな、なじめそうだな」という気持ちは、5年働いた今でも、変わらないですね。
 ただ、学生の時に漠然と捕らえていた「好き勝手」には、きちんと基準があって、戦略と数値に基づいて行動しているということを、今まで働いてきた5年で知ることができました。そして、これから、入ってくる後輩にも伝えていきたいと思っています。

オークファンへの応募を考えている人にメッセージをお願いします。

 ジェネラリストになりたい人にとっては、すごくいい会社だな、と感じます。
 堀江貴文氏の『多動力』という本に「100人に1人ができる能力を3つ身に付ければ、100万人に1人の人材になれる」という内容があって、その通りだな、と。実際はそんな単純ではないでしょうが、10人に1人の能力でも6個身につければ100万人にひとりの能力ですよね?だから、さまざまな能力を身に着けていくことで、自身の成長と価値の向上をさせていきたいと考えています。
 僕としては「10人に1人ができる能力を素地となるように幅広く身に付けた上で、特に特化させた能力を3つ持つ」という理想を目指して成長していきたいな、と思っているので、そういったスキルアップの考え方に共感してくださる方は、とても相性のよい組織なのではないかと思います。

 あとは、上司部下関係なく、自分の意見をはっきり言える環境は良いです!いい意味で自己主張が強くて、きちんと議論できるだけの意思や根拠、柔軟さがある人が活躍できるのかな、と思います。
 成長したい方、一緒に働けることを楽しみにしています!

キミの未来に、境界線なんてない。