入社の決め手は、大量のデータに可能性を感じたこと。

吉本 幸俊 Yukitoshi Yoshimoto
データエンジニア 2019年入社
2019年4月新卒入社。データエンジニア。早稲田大学大学院 基幹理工 工学部表現工学科 修士課程修了。大学では、深層学習に関する研究を行う。

就職活動を通して、オークファンを選んだきっかけを教えてください。

 大学生の時、研究室を選ぶにあたって、学科内の各研究室の教授が1コマずつ授業を持っていて、すべての授業を聞いて、機械学習がいちばん面白い!と感じを選びました。ロボットとAIの融合をさせることを研究して、そこで機械学習や深層学習を学びました。

 人は一度習ったやり方であれば、次に少しだけ条件を変えても同じことができる。ロボットで同じことをさせようとするのは、膨大なデータが必要になる。だから研究するほどに、人間の脳がいかにすごいかを実感し、どうやったらロボットでも人の脳と同じように学ぶことができるのか、と研究に没頭していました。

 そういった経緯から、就活にあたっては「機械学習をしたい」と考えていろいろな企業を見ていました。オークファンとの出会いは「うちでも機械学習できるよ」という先輩の紹介でした。「うちの会社にもデータがあるから、機械学習できるよ」と誘われて、詳しく調べたり、実際に話を聞いたりしました。そして、インターンを夏に3日間しました。
 インターンでは、社内の雰囲気を見るのがメインだったのですが、大量のデータを見て、データを使ってなにかできそうだなと可能性を感じ、入社を決めました。

機械学習以外では、就職活動で企業選びの基準はどのようなものでしたか?

 周りの方から、堅い企業だと動きづらいというのは聞いていたので、それは避けたいな、という思いはありました。小さいことを決めるにも承認に時間がかかる、というのは嫌だなと。
 実際、大学で共同研究をしている中で、共同研究先で1ヶ月くらいインターンをした際に、決定プロセスがとても長くて、ずっと働くには合わないな、と思ってしまいました。 
 そこで働く人たちも、動きづらそうな印象で、やりたいことがあっても「持って帰って相談して、承認があって…時間がかかるかも」といった話をよくしていました。だから、目的のために異常にプロセスが多くなるようなことが起こらない会社がいいな、と思っていましたね。ネガティブな基準ではありますが(笑)

オークファンに入社してみて、どんな会社ですか?ギャップはありましたか?

 あまり上下関係を気にする人はいない、フラットな会社だな、と思っています。役員がよく歩き回っていますし…役員も社員も関係なくコミュニケーションが多いと感じています。デスクで仕事をしている時でも、雑談を結構していて、その中で新しい技術の話が聞けて面白いです。
 コミュニケーションが多い環境だから、自分で一通り調べて、わからない時に、相談がしやすく、教えていただくことができるので、理解も進んで勉強になっています!

 あとは、金曜会(※月1回の社内で開催される交流会)に、意外と人が集まることに驚きしました。偏見ですが…僕も含め、エンジニアって、コミュニケーションの場に出ないと思っていたけれど、エンジニアの人も含めて、金曜会に人が集まってくる。様々な部署の人が集まって、ざっくばらんに会話していることに、すごいな、と思いました。
 僕はコミュニケーションが得意ではないので、まずは参加して、話しかけられそうなら話しかけて、と少しづつコミュニケーションを増やしています(笑)

最近、取り組んでいる業務を教えてください。

 いまは、研修もかねていて、ITのシステム開発のプロセスを一通り体験するさせていただいています。要件定義から開発、テストまでやっていますね。まずは、それを理解する。別の目標としては、マスターデータ作成のために、商品の売上履歴を取り込むプログラムを開発する、ということに取り組んでいます。先輩に指導をしていただきながら、やっています。

オークファンの事業や取組み、文化の中で共感しているポイントはどこですか?

 企業が在庫を捨てる、というのはもったいないな、と思っていたので、それを解消する「眠っている価値を必要な場所へ」という理念は共感しています。特にOtameshiは、困っているメーカーさんを助けながら、社会貢献、寄付もできるというのは、すばらしいコンセプトだと思っています!ユーザーとしても安く買うことができ、かなりいいサービスだと感じています。
 また、持っているデータも、いろんなECからデータをもらっていて、その比較ができるのが、独特でいいな、と思っています。

最後に、オークファンへ応募を考えている方へメッセージをお願いいたします。

 やりたいことがある人に相性のいい会社だと思っています。他にはないデータがあり、先輩のエンジニアの方は、すごく優秀で、一緒に働いていて、とても勉強になります。加えて、オフィスがきれいで、職場の環境としては、僕としては気に入っていて。いいんじゃないかな、と。
 データを使ってなにかをやりたいということがある方は、ぜひ、考えてみてください。オフィスでお会いできることを楽しみにしています。

キミの未来に、境界線なんてない。