重要なのは、事業の視点からITという手法で課題の解決を目指すこと!

村上 一歩 Kazuho Murakami
サービス開発エンジニア 2018年入社
2018年4月新卒入社。東京デザインテクノロジーセンター専門学校在学中、長期インターン生として入社し、そのままオークファンへ新卒社員として入社。サービス開発エンジニアとして活躍。

オークファンとの出会いについて、教えていただけますか?

 学生時代に、オークファンへ入社した先輩の推薦でインターンシップに参加したことがきっかけで、オークファンを知りました。
 その時は、入社どうこうは考えていなくて、駆け出しのエンジニアとして実務経験を積みたく、会社の中でエンジニアリングするというのはどういうことなんだろう、というのを肌間で知りたくて、入りました。その後、新卒として入社するかは・・・けっこうギリギリまで悩みました。でも、いただいた内定の中で、裁量をもってできるのがオークファン、と思って選びました。

 就活としては、いろいろな会社を見ている段階では、自社開発している会社がいいと思って探していました。請負、受託系はお客様の要望に対して120%のコミットを出す事のみを求められるので、僕がやりたい事の本質とは少し違うような気がしたので、選択肢から外していました。
 また、当時は商品に関わるアプリケーションが面白い!と感じていたので、そういうサービスをしている会社を選んでいましたね。オークファンは、インターン生として入って、周りの方ともコミュニケーションが取れていたので、すでに中を知っている安心感も後押しになりました。

正社員として入社した後、ギャップはありましたか?

 ありましたね!責任ができたと思っています。やっぱりインターンのときは、みんな「若いねー」「元気だね!」等々、ちやほやしてくれる(笑) 正社員として入社した後は、インターンではなく、仕事。でもそれは当然。責任のあるなしは大きく違うと思います。もちろん、インターンであったとしても「自分のやったこと」に対して責任はつきものですが…
 あとは、創業から10年以上経っている会社ですが、まだまだ未成熟で発展途上な部分も多いと感じています。でも、だからこそ「こうしてみよう、ああしてみよう」という試行錯誤ができますし、その行為自体が個人に対してのinputになり、組織に対してのoutputになっていると感じています。
 そして、もっともっと情報交換をしていきたいので、情報がパブリックな場できちんとやりとりされることを意識して働いています。

入社2年目ですが、入社当時に比べ自分の感じ方など、変わってきたことはありますか?

 自分のいいと思うこと、やりたいと思うことと、会社にとっていいことを錯覚しないようにすること!錯覚してしまうことは、往々にしてあって・・・自分のやりたい事を掘り下げていくと、結局この技術を使いたいだけだった…ということにならないように気をつけています。

 ただ、知らず知らずのうちに、よく錯覚してしまいます。「なんで会社のためにこんなにがんばっているのに、提案を受け入れてもらえないんだろう」なんて思った時は要注意。自分がやりたい事と会社にとっていいことは別である事も多々あります。会社のこの課題を解決したい!と思って、いろいろな技術や事例を調べる際には、自分がすごくいい!と思っても、これって本当に会社の課題解決に有効なのか?を意識するようにしています。

 エンジニアは、みんな探究心が強くて、知りたい!やりたい!わかりたい!が、人よりも強い人が多いと思います。だからこそ、何時間ディスプレイに向かい合っていても平気なんだと。
 そして、それがゆえに目が曇ることは往々にある。いつの間にか、自分のやりたい事が会社のやりたい事になってきて。でも、そこには会社の方針があって、理念があって。そこは変に錯覚しちゃうと、なかなかうまくいかないかなって・・・1年と少し働いて学んできたことですね。

今、取り組んでいるミッションについて教えてください。

 効率的に新規開発が行える基盤作りと、それに伴うサービスの安定稼働に取り組んでいます。
 本質的には、ヒューマンオペレーションの排除になるかと思いますが、新規開発をしつつ、各種自動化やレイヤー毎のユニットテストのカバレッジ向上などに取り組んでいます。

 一方で、ビジネスとテクノロジー紐づけるブリッジエンジニアとして、既存フローの改善提案や施策のプッシュなど、サービス開発の更なる活性化にも取り組んでいます。エンジニアの知識もある上で、事業の知識もきちんと取り入れる!ブリッジが必要だと思うから、僕の役目だと思っています。

オークファンに共感していることはなんですか?

 物の適正な価値が分かり、必要としている人に、最適な形で届けられる。「もったいない」をリアルに解決するエコな在り方に共感しています。
 新卒研修の中で、他社の新卒とも交流する機会があったのですが、その子たちから、自社で何億の廃棄している、という話も聞いていて・・・新品の商品が、ただゴミのように捨てられる現状を聞きます。

 いろんなものが不適切に廃棄されている状態って、正常ではない。地球の資源は有限。この会社が抱えるミッションと同じで、モノが循環していく社会でありたいです。余すことなく、適切な場所に適切な価格で届ける、ということが本当に大事なので、グループとしての取組みに共感しています。

オークファンへ応募を考えている人にメッセージをお願いします。

 私が所属する現場で求められているのは、「課題の本質を見極め、プロセスを逆算できる人」だと思っています。手段が先行してしまう、短期的な応急対応ではなく、結論が先行するような、中・長期的での根本対応ができる事。 後者の実現に必要な物事を考えられる事が大切だと思っています。
 そして、その考えを実際に、仲間同士でアウトプットし合える環境が好きな方と一緒に働きたいです!

キミの未来に、境界線なんてない。