やりたいからやる。大切なのは、自分が本当に面白いと思っているかどうか。

藤井 厚 Atsushi Fujii
SynaBiz 執行役員 2016年入社
慶応義塾大学 理工学部 卒業。フューチャーアーキテクト株式会社等コンサル会社を経て、株式会社リバリュー(現:株式会社SynaBiz)の事業責任者として、自ら事業へ携わる。その後、オークファングループにて新規事業「Otameshi」を立ち上げ。現在に至る。

少し遡りますが、大学を卒業時の就活から、オークファンとの出会いまでを教えてください。

 大学在学時から、ビジネスマンとして最短距離で成長したいという想いがあり、短いサイクルで多くの事業課題に携わることが可能なコンサルティング業界に就職しました。

 コンサルティングという仕事を通して、多くの事業に関われたことは、とても刺激的で、様々な経験ができましたが、コンサルタントとしてできることは「レポートを作成し、顧客へ提案する」という仕事です。提案によって、その会社が動くこともあれば、そうではないこともあり、歯がゆさを感じることも一度や二度ではなかったです。そのような経緯から、より踏み込んで、主体的に事業に携わりたいという想いが強くなりました。

 そこで、面白い会社、事業がないか探していた時に、コンサルティング業界では有名なある会社が、企業が抱える在庫の再流通を支援する事業を手がけているという話を聞きました。詳しく話を聞きにいったところ、当時のメンバーとも意気投合したため、事業にジョインしました。それが、現在のリバリュー事業です。数年後、リバリューがオークファンに事業譲渡されたタイミングで私もオークファングループに参画することになりました。

「Otameshi」を立ち上げた経緯をお聞かせください。

 以前は、当社のリバリュー事業を担当していました。リバリューでは当時、アパレル・パソコン・家電などの2次流通をメインに手掛けていましたが、食品メーカーからは賞味期限が近い商品を、日用品メーカーからはパッケージ変更品をなんとかしたいという相談があるものの、なかなかご期待に応えることができませんでした。リバリューはBtoB取引がメインですが、食品や日用品といったカテゴリでは条件が合わないことが多かったのです。

 一方、食品メーカーや日用品メーカーが在庫廃棄で深刻に頭を抱えており、相談される機会は増えていたので、何かできないかな、ということはずっと考えていましたし、大きなマーケットポテンシャルがあると思っていました。
 そこで、食品メーカーや日用品メーカーに改めてアポを取り、数多くのヒアリングをしました。生々しいご意見を集め、実態を知るにつれ、ある方向性が見えてきました。その方向性の内容について、この場では詳しく述べませんが、あれこれ考えた末に、今のOtameshiのコンセプトにたどり着きました。メーカーからの反応もよかったため、新規事業として立ち上げることになりました。

立ち上げから、いまも高い成長を続けるOtameshiを運営していて、うれしいと感じる瞬間はどんな時ですか?

 もともと、滞留してしまう在庫に困っていたメーカーの課題を解決したいという思いがあって立ち上げたサービスなので、メーカーがOtameshiを継続的にご利用いただき、様々なご相談をいただけることはとても嬉しいです。Otameshiには価格だけではなく「社会貢献」という価値があります。在庫処分に大義名分があるため、何度もリピートしてご利用してくださるメーカーが多いです。一度ご縁をいただいたメーカーにご満足いただき、長くお付き合いいただけることは、本当に嬉しいですね。

  また、Otameshiのユーザーは、リピートして買っていただく割合が高いです。立ち上げた直後に買ってくれたお客様は、いまでも買ってくださっている。社会の風潮としても、「食品ロス」はいま話題。ユーザーも身近な買い物を通して、気軽に社会貢献できるという点に共感くださっているのではないでしょうか。

 品質に問題がない、出会いに恵まれなかっただけの商品が、廃棄されてしまうことは、本当にもったいない。廃棄するのではなく、必要とする人のところへ商品を届けられるなら、商品を使う人にとっても、商品を作った人にとっても、嬉しいことだと思います。

ひとりでの立ち上げからここまで成長したわけですが・・・自分の目的意識というか、動機を強く持ち続けていく秘訣を教えてください!

 ないですね(笑)
Otameshiは、私がやりたいからやっているだけです。大切なのは「面白いと思ってやっているかどうか」だと思います。

 このOtameshiというサービスに、自分で、面白さも、可能性も、手ごたえも感じているから、営業、出品作業、時には商品を段ボールに詰めて発送する作業も、Otameshiのために、目指している世界観のためにできるのです。これからも自分が感じている可能性に向かって進み、このサービスの成長を通して、社会に良い影響を与えていけたらと思っています。

社会貢献ができるお買い物サイト「Otameshi」はこちら

キミの未来に、境界線なんてない。