未経験から経理への挑戦で、感じること

木村 真希 Maki Kimura
財務経理 2017年入社
2017年入社。経理財務を担当。インターネット広告に興味をもち、挑戦したくオークファンへ入社。 入社後、経理へキャリアチェンジをして、2年目。絶賛勉強中。 実は、Webデザイナー、柔道整復師の経験有。

はじめに、「財務/経理」の業務と、木村さんが担当されている業務について教えてください。

まず、経理財務のチームとしては、事業を運営・成長させていく上で不可欠なお金の管理を行っています。
経理としては事業の収支を算出する仕事を、財務としては事業に必要な資金を集め、実際のお金の流れを管理する仕事をしています。
また、オークファンは上場していますので、営業や経理の状況、事業に関する重要事項を開示する義務があり、その報告資料を作成しています。

その中で私は、主に財務の部分を担当させていただいています。
経理としても一部仕訳をやらせていただいていますが、私は実際の「お金」を動かす業務がメインで、具体的には、全社の請求書の受付、資金繰りの確認、銀行口座開設等です。
想像いただきやすい仕事だと、グループ全社の請求書を受け付けて、会社の銀行口座から支払の振り込み処理をする仕事かな?と思います。
他には…自分の口座だとさすがに毎日は口座の残高は確認しないと思うのですが、私の業務は毎日口座の残高をチェックし、問題がないことの確認と、今後起こりうる問題がないかの確認をし、日々会社のお金と向き合っています。

私は未経験からのチャレンジだったので、初めは「金額が合っているか確認」「振り込みのデータを取り込んで実行」という基本的なところからはじまりましたが、
今は、各会社の資金繰りや銀行との口座関係の契約等のやり取りも行い、今、仕訳も行い経理業務へも挑戦しているという段階です。

経理は未経験だったとのことで、財務/経理の仕事特有の特徴や考え等はありますか?

仕事特有の特徴は、正確さ、正当さ、精度が重要だということですね。投資家の方のお金を扱っているので当然と言えば当然ですが、
1つ1つの行為に対して、規律や基準、事実と一致することが非常に重要視されています。
医療現場にいた時は、命に関わるという意味で患者さんはもちろんご家族の方へも気持ちの面でシビアな仕事が多くありましたが、
財務・経理の仕事では「数字」に関しては求められる正確さのレベルが違うな…と感じています。

会社の根幹に関わる部門なので、ミスのないようにきっちり仕事をし、もし万が一ミスがあった場合はすぐ上長に連絡し、判断を仰ぎ、正確に対応する。
基本ですが、肝に銘じています。
「原因をしっかり特定し、ミスを繰り返さない対策をとる」を徹底しています。
事業活動は、全てお金で回っているので、本当に気を使います。事業部とのやりとりで、あまり口うるさくは言いたくはないのですが、
ミスを防ぐためにもルールを守って頂くよう、念入りにお願いするようにしています。

逆に、様々な仕事を経験しても、どの仕事にも共通して大切にしていることはありますか?

コミュニケーションをとる時は、どうしたら早く、的確に伝わり、理解していただけるかを念頭に置いています。

全体の朝会で広報する経費精算についての案内から、普段のやりとりまで、できる限りまとめ、整理して伝えるようにしています。
みんな時間がない中で、財務・経理関連の事務の対応してくれているので、短時間で終わるようにできたらと考えています。

また、私が好きな漫画家の西原理恵子さんの「人間は本能として楽しいことがない動かない」という言葉がありまして、その通りだなと常々思います。
財務・経理はの書類1つにも厳格に確認をして細かい部分まで正確さを追求しているので、成果物に対しては楽しさという要素は求められませんが、
取り組む姿勢や考え方には、自分から楽しさを出していきたいと思ってます。

西原理恵子さんの本を読んでいただくとわかりやすいのですが、どんなきついことも困難なことも、自分を投げうってでも笑いをとりにいく。
…これは極端な話ですが、考え方には共感を覚えます。
経理や財務の話で、私から数字ばかりをひたすら伝えたとして、それが仕事で義務だとわかっていても、正直…相手の方は積極的に理解しよう
という気持ちになりづらいですよね。そういうのを少しでも楽しく取り組めるような雰囲気にすることで、結果的にルールも守ってもらい、
仕事がスムーズになるという流れを作れたらいいなと思っています。

ちなみに、西原理恵子さんは、生き様がもうギャグのようで…、一度読んだら忘れられません(笑)
名言も多くあり、私が気に入っているのは「小さく持ってコツコツ当てる」と、「金がないのは首がないのと一緒や」ですね。
私が今、財務を担当できて、お金の勉強をさせてもらえているのは、運命を感じています(笑)
お金は、事業にも自分の生活にもなくてはならないもの。
だからこそ、財務担当として責任の重大さを日々感じています。

お金の使い方から見る「オークファン」はどんな会社ですか?  また、経理としてもオークファンの事業や組織としての在り方に共感している部分はありますか?

オークファンは「常に新しいコトにチャレンジしている会社」ですね。財務・経理としても対応を迫られる場面が多いので、間違いなく、早く成長できる環境だと思います!
イベントが多いという意味で成長できることにプラスして、財務・経理として成長したい方にとっては、上場していることもかなりプラスなのではと思っています。開示業務までの流れを見ることもできますし、監査法人からの監査もきっちり入るので、より正確な規律・基準を学んでいけます。
「内勤」という言葉でくくられてしまうと、作業が単調なイメージを持たれることがよくありますが、私はオークファンで財務・経理をしていて飽きないです。
組織の風土としては、風通しがいいところが気に入っています。鬱々としてくるような雰囲気はないですね。

オークファンへの応募を考えている方にメッセージをお願いいたします。

私が担当している、財務だったり経理だったりの業務はよく「AIに取られる仕事ランキング」のような記事での上位にランクインしていますが、まだとられないですよね。
AIに取られたら、取られたで、経理・財務のこの仕事を知っておくと他で役に立つことは沢山あるので、私はこの仕事内容に対してポジティブに捉えています。
未来にどのような仕事が生まれてくるのか、楽しみですね。
新しいことへ常にチャレンジできる環境があるので、経験をいち早く積みたい意欲的な方と一緒に働けたらと思っています。
ご応募お待ちしております。

キミの未来に、境界線なんてない。