インタビュー

自由な社風とデータの可能性
データアナリスト 中村泰之

入社のきっかけ

私はもともと音楽が好きで、いつか音楽に関わるサービスに関わりたいと考えていました。
例えばライブのチケットが4000円だったり、アルバムが3000円だったり、今週のランキングチャートがどうだったり...価値の捉え方は人それぞれだと思いますが、もっと音楽について他のアプローチがあるのではと考えています。
そんなときに、データを集めモノの相場を示すというオークファンに出会いました。
この会社で様々なデータを収集・分析して、モノの価値を示すというスキルをつけることで、私のやりたいことを実現する力がつくのでは、と思い入社を決めました。

やってること

はじめの1年はサイトの構築を行い、その後本格的にデータを扱うようになりました。
プログラミングもデータの扱いも未経験でしたが、勉強すればするほど知らないことの向こうに面白そうなことがたくさん見えてきて、とても刺激になります。
いまはオークファンが集めてきた数々のデータを整理し様々な切り口で分析したり、新たなデータを掛け合わせることで違う価値を作り出せないかと模索しています。
プログラミングや分析などの基本的な力の積み重ねはもちろん、面白い視点を大事にデータの使い方やアイデアを考えていきたいです。

和室が欲しい

裸足でいることが多いので、社内を全面(一部でも)畳ばりにして仕事がしたいです。
とりあえずゴザを一畳購入し、実験的に導入をしています。(個人的に)
フロアの中に畳があるというのも面白い違和感があって気分転換になりますし、お盆に実家に帰ったような安らぎも得られます。
あとは、ねことこたつとみかんが欲しい...

中村泰之

データアナリスト

その他のインタビュー
インタビュー 一覧
一覧

  • Prev
  • Next

新卒でも裁量権のある環境

WEBディレクター

多くのエキスパート達と一緒に
問題を解決していくやりがい

開発リーダー

正確でフェアな情報によって
Webで世界を革新したい

プロデューサー

責任感と求められる幅広い知識
培ってきた全てが、
今の自分を支えています

開発部 マネージャー

チャレンジングな環境下で
責任ある仕事ができています。

Webディレクター

突き詰めて、
誰もが知る「一握り」の
サービスへと作りあげたい

Webデザイナー

メリハリのある毎日は
「好き」が原動力

マーケティングディレクター

既成概念にとらわれず、
オークファンだから実現できることを

ソリューションセールス