インタビュー

正確でフェアな情報によって
Webで世界を革新したい
プロデューサー 安藤真悟

プロダクトの親のような存在

プロデューサーとしてWebサイトの改善のほか、スマートフォン向けのサービス、新企画サービスの立ち上げを主に携わっています。生み出すだけではなく、その後の運用や改善など、成長をサポートする、まさに親のような役割です。

そのため仕事の範囲も幅広いです。
まずはマーケッターとの連携、収支予測、KPI設計、スタッフ確保といったプロジェクトのセットアップです。ちなみにKPIとは業務の達成度を把握するための指標のことを言います。

そして企画設計(問題を明らかにした上で、その問題解決のための企画を設計する)や、工数管理、詳細仕様設計(プロダクトレベルでの詳細を仕様に落とし込む)、スケジュールの管理、制作ディレクション、数値分析による運用、改善など、多岐にわたります。

プロジェクトの性質に合せて社内のエンジニアやデザイナー、ディレクターとチームを組んで仕事を進めることになります。
任せてもらえる裁量が大きい分、うまくいくかどうかは自分の腕次第という環境なので、どんなプロジェクトにも自然と気合いが入るものです。

特に新規企画サービスに関しては、自分の経験や感性を信じて、それまでになかったものを形にしていくため、「どう目標に到達するのか」といったルートや手段は自身で切り開かなければなりません。

当社が保持している大規模なデータをどう“調理”してビジネスに活用するのか。
これは、サービスを作る側として、いま一番チャレンジングな仕事だと思います。
当社の事業自体が独自性のあるモデルなため、誰もが踏み入れてない領域での仕事に携われることが当社の最大の魅力ではないでしょうか。

仲間との信頼あっての最高の成果

私は「チーム」を大切にしています。

というのは、私の根底には「多くの人に影響を与えるサービスを作りたい」という想いがあり、それを達成するには自分のセンスやスキルはもちろん、それ以上にチームとして動く“意識”がとても重要であると考えているからです。

裁量の範囲が広い分、最高のパフォーマンスを発揮するには、仲間の信頼が必要不可欠だと確信しています。

仕事をうまく円滑にまわすためには、やはりメンバー同士のコミュニケーションをとることは非常に重要なことです。普段から積極的に会話をしたり、ときには仕事終わりに飲みに行ったり。そういう日々の積み重ねでチームでの仕事がやりやすくなっていると感じます。
プロジェクトがひと段落したときに、打ち上げで仲間と飲むビールは最高です!笑

オークファンで目指したいこと、ここでしかできないこと

当社の理念の一つである「あらゆる商品に関する正確でフェアな情報を提供する企業として、世界に置ける唯一無二の存在となる」ことに挑んでいきたいと考えています。 規制緩和やTPPなどの流れも、その大きなチャンスだと捉えています。
私はWebプロデューサーなのでまだまだ世の中に多く存在しているアンフェアなことを、Webの世界で革新していきたいです。

著しく成長し続けているEC市場の中で、オークファンだからこそ出来ることがまだまだ沢山あります。

私はこの環境の中で、世の中に新しい価値を提供していきたいと思っています。

安藤真悟

プロデューサー

その他のインタビュー
インタビュー 一覧
一覧

  • Prev
  • Next

新卒でも裁量権のある環境

WEBディレクター

多くのエキスパート達と一緒に
問題を解決していくやりがい

開発リーダー

自由な社風とデータの可能性

データアナリスト

責任感と求められる幅広い知識
培ってきた全てが、
今の自分を支えています

開発部 マネージャー

チャレンジングな環境下で
責任ある仕事ができています。

Webディレクター

突き詰めて、
誰もが知る「一握り」の
サービスへと作りあげたい

Webデザイナー

メリハリのある毎日は
「好き」が原動力

マーケティングディレクター

既成概念にとらわれず、
オークファンだから実現できることを

ソリューションセールス