インタビュー

責任感と求められる幅広い知識
培ってきた全てが、今の自分を支えています
開発部 マネージャー 西脇直紀

開発から運用へ

私はオークファンに入社後、当初は開発グループとして新規システムの開発、既存システムの改修、データ事業案件と様々な案件に携わってきました。

その後、運用グループに移り、今ではオークファンのシステム全般の改善のため、システムの安定稼動、パフォーマンスの改善といったテーマを基に様々な施策を行っています。

私は開発グループで経験を積んでから運用グループへ移るという流れが現在の業務を行う上で、有効性が高かったと感じていて、運用グループに移った後も開発グループのときに様々な案件に携わっていた経験が非常に生きています。というのはシステム運用を行うには運用対象のシステムに対しての知識が少なからず必要となってくるためです。

例えばシステムにある問題が発生したときなどは、開発に携わっていた頃の知識がきっかけで短時間で解決できることなどはよくあります。

また最近ではIT監査に対する対応も任せてもらっており、入社前と後では仕事の幅がかなり広がったと思います。

プレッシャーと醍醐味をどう味わうか

システム運用という仕事はWebサービスの提供において非常に重要な役割であり、その中で責任とやりがいが混在している仕事です。

例えばシステムに障害が発生したときなどは、最優先で対応する必要があり、プレッシャーも大きくしんどい面もありますが、その中でサービスに対しての当事者意識というか、自分の仕事の重要性を認識させてくれる仕事でもあると思っています。

たまに夜中や休日中に障害連絡の電話やメールが来る場合などもありますが、そういった時には一人だけではなく、上司や他の運用グループのメンバーと協力しながら対応しています。

この会社では問題が発生した際に、それぞれのメンバーが対応できない状況であったり、発生したシステム障害の知識が浅かったりした場合には、お互いフォローし合うということが自然とできているので、一緒に働いていてありがたく感じることが多々あります。

“何も起きない”毎日を守るために

また私がこの仕事をやっていく上で大切にしていることが2つあります。

一つは成長していくサービスと共に自分自身も成長していくという意識を持つことです。
オークファンのシステム規模は私が入社した頃に比べると、非常に速いペースで拡大し続けています。
これはオークファンのサービスの成長速度の一つの現れでもありますし、エンジニアとして成長していくチャンスでもあります。
そのような状況の中で、システム運用の中核となる案件に携われるということは、自分自身のエンジニアとしての技術力向上と実績を上げるという面において大きなプラスとなっています。

アクセスの増加や新しいソフトウェアの導入といった事案に対し、リスクとメリット、既存システムの状況と今後進むべき方向性を考え、上司や他のメンバーと協力しながら対応していく経験は、単純な知識としてではなく、エンジニアとしての地力を底上げしてくれていると感じています。

もう一つはユーザの視点に立って仕事をするということです。
私はシステム運用という仕事に携わっていますので、システムを安定稼動させることでユーザに安定してサービスを提供するということが一つのテーマです。そのための施策を定期的に実施し、障害が発生した際には再発防止の対応を的確に実施する。地道な作業ではあるのですが、それがシステムの安定化に繋がると考えていますし、結果的にエンジニアの経験としても貴重なものだと考えています。
システムの稼動についてはある意味で何も起こらない状態が理想の状態ですから、障害の連絡等が無く休日が終わったときなどはとても充足した気持ちになります。

西脇直紀

開発部 マネージャー

その他のインタビュー
インタビュー 一覧
一覧

  • Prev
  • Next

新卒でも裁量権のある環境

WEBディレクター

多くのエキスパート達と一緒に
問題を解決していくやりがい

開発リーダー

正確でフェアな情報によって
Webで世界を革新したい

プロデューサー

自由な社風とデータの可能性

データアナリスト

チャレンジングな環境下で
責任ある仕事ができています。

Webディレクター

突き詰めて、
誰もが知る「一握り」の
サービスへと作りあげたい

Webデザイナー

メリハリのある毎日は
「好き」が原動力

マーケティングディレクター

既成概念にとらわれず、
オークファンだから実現できることを

ソリューションセールス