沿革

2000年
9月
個人事業によりオークション売買事業を開始
2001年
4月
オークション統計ページ(仮)運営開始
2006年
2月
オークション統計ページ(仮)を営業譲渡により取得
2007年
6月
インターネットメディア「オークファン」の運営を事業目的として、株式会社デファクトスタンダードよりメディア事業を新設分割し、東京都港区芝に株式会社オークファンを設立、純広告サービス及びネット広告サービスを開始
7月
本社を東京都渋谷区恵比寿に移転
8月
無料会員サービスを開始
2008年
4月
本社を東京都渋谷区広尾に移転
5月
サービス課金事業として、有料会員サービス「オークファンプレミアム」を開始
12月
オークション専門講座「オークファンスクール」を開始
2009年
5月
消費動向分析ツール「オークデータ」を開始
2010年
1月
オークション通信講座「オークファンゼミ」を開始
7月
本社を東京都渋谷区道玄坂に移転
8月
スマートフォン向けサイト「aucfan touch(オークファンタッチ)」の提供を開始
2011年
9月
財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」を取得
10月
スマートフォン向けアプリ「モノちぇき」の提供を開始
11月
総合分析ツール「オークファンプロ」を開始
2012年
5月
SaaS型多店舗対応ネット販売総合管理サービス「CloudShop」のシステムを株式会社クラウドックから買い取ることにより取得
7月
オークションの不正出品物を検知する新サービス「auc-checker」を開始
8月
中古買取、オークション出品代行ショップの検索サービス「オークファンタウン」を開始
9月
インターネットモバイル回線「auc4G」を開始
12月
世界のECサイトの一括検索「グローバルオークファン」を開始
2013年
4月
東京証券取引所マザーズ市場上場
6月
企業と個人の取引を可能にした独自プラットフォーム『オークファン仕入れモール』を開始
9月
国内最大級のフリーマーケット事業「楽市楽座」を株式会社マーケットエンタープライズより取得
11月
コーポレートロゴ変更
2014年
2月
ヤフー株式会社と連携し「ヤフオク!」出品者育成サービス『オークション出品塾・大学』を開始
5月
ネットオークションでの取引商品を検知・監視する『オークチェッカー(β)』を開始。
独自ポイント『オークファンポイント』を開始。
2015年
1月
スマートフォン版オークファン「aucfanTouch」iOS 版au 公式コンテンツとして提供開始
2月
価格分析ツールの「オークファンプロ」がリニューアル。ネット物販ユーザー向け新サービス「最新仕入れ速報」をリリース
4月
オークファンサービス『らくらく卸』と仕入れ・卸売サイト『CtoJ』が連携。医療情報のプラットフォーム提供を行うMRTとデータ連携。aucfan.comのスマートフォンサイトを全面リニューアル価格分析ツールの「オークファンプロ」がリニューアル。ネット物販ユーザー向け新サービス「最新仕入れ速報」をリリース
6月
子会社のグランドデザインがショッピングモールスマホアプリ「Gotcha!mall」のASEAN展開でトランスコスモスと資本・業務提携
7月
株式会社NETSEAの株式取得(子会社化)
9月
「パソコンスクールアビバ」で「ヤフオク!」対策講座を開設。ダメージカー買取シェアNO.1のタウと相場検索サイト「オークファン」がデータ連携開始
11月
「ヤフオク!」「スクー」と共同でヤフオク!出品生放送を実施
12月
「ショッピング検索」でリニューアルを実施。入札予約ツールとヤフオク!ウォッチリストが連動
2016年
1月
aucfan.comの商品詳細ページが大幅リニューアル
株式会社リバリューの株式取得(子会社化)
3月
株式会社スマートソーシングとの資本業務提携(子会社化)の基本合意
4月
株式会社スマートソーシングの株式取得(子会社化)
5月
海外ECの価格情報を保有するインドDataWeave社と株式会社オークファンがデータ連携を開始
7月
オークファンの連結子会社2社が合併 -株式会社スマートソーシングとして事業を開始
「リユースマスター資格認定制度」創設に協力
9月
インドネシア唯⼀のO2O プレイヤー*であるPricebook と資本業務提携を締結
連結子会社である株式会社NETSEAおよび株式会社リバリューが合併し、 【株式会社SynaBiz(シナビズ)】として発足
10月
大阪オフィス開設および営業開始

会社情報